Mibew Messenger1.6.5のインストール方法

未分類

サーバーは、次の前提条件でインストールされている必要があります。
– Apache Webサーバー
– MySQLサポート付きのPHP(5.x以降)
– MySQL 5.0以降

まず、LAMPサーバーをインストールして構成する必要があります。

Mibewのデータベースとユーザーを作成する

データベース名:mibewdb
データベースユーザー名:mibewuser
データベースパスワード:password

# mysql -u root -p
Enter password:

mysql> create database mibewdb;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec) 

mysql> GRANT ALL ON mibewdb.* TO mibewuser@localhost IDENTIFIED BY 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec) 

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec) 

mysql> exit
Bye 

Apacheのデフォルトポート「80」を許可します

Mibewのダウンロード及び設定

まずはwgetコマンドでダウンロード

今回は「/tmp」にダウンロードしました

# wget https://sourceforge.net/projects/webim/files/Mibew%20Messenger/1.6.5/mibew165.zip --no-check-certificate

apacheのドキュメントルートに「mibew」というファイルを作り、ダウンロードしたファイルを移動させる

# mkdir /var/www/html/mibew

# chown -R root:apache /var/www/html/mibew/

# cp mibew165.zip /var/www/html/mibew/

ダウンロードした「mibew165.zip」を解凍する

# cd /var/www/html/mibew/

解凍
# unzip mibew165.zip

解凍したファイル(config.php)を編集
パスワード等は先ほど設定したものを使用する

# vi /var/www/html/mibew/libs/config.php

$webimroot = "/webim";
↓
$webimroot = "/mibew";

$mysqldb = "webim_db";
$mysqllogin = "webim_lite";
$mysqlpass = "123";
↓
$mysqldb = "mibewdb";
$mysqllogin = "mibewuser";
$mysqlpass = "password";

http://「自分のIP or ドメイン」/mibew/install/

上記にアクセスしてインストール

「Create required tables.」をクリック

インストールが完了するとこのようになる

※「/mibew/install」はセキュリティ的に削除したほうがいいらしい

初期はパスワード無しでログイン

各項目を埋めます

完了!

この画面からいろいろと設定できるみたいです

参考
https://www.unixmen.com/setup-one-one-chat-directly-website-mibew-messenger/

コメント

タイトルとURLをコピーしました